Swing Live

美容整形

具体的に、美容整形の施術ではどのようなことを行うのかをご紹介します。施術箇所によって施術内容は大きく異なります。

■まぶたの整形
美容整形の需要が高い施術箇所として、まぶたが挙げられます。
一重まぶたから二重まぶたにすることで、ぱっちりとした瞳になります。非常に魅力的な容姿の条件として二重まぶたが筆頭に挙げられることが多く、美容整形手術でも二重まぶたになるようにまぶたの施術を希望する人は多いです。
まぶたの美容整形では、主に「埋没法」と「切開法」の2種類の施術が行われています。
このうち、切開法は文字どおり、まぶたを切開して一重から二重にするという方法です。非常に単純な施術でありながら、確実に二重まぶたを形成することができ、さらに周囲の余分な皺や脂肪も一緒に切除することができるので、綺麗な瞳の形に近づけることができます。しかし、切開が必要であるため身体への負担が少なからずあり、未熟な担当医が執刀した場合には傷跡が残る危険性があるかもしれません。そういった点で、現在では少し敬遠されがちな方法といえます。
もう1つの方法である埋没法が、現在は主流となっています。こちらは極細の糸をまぶたに埋没させることで、二重まぶたにすることができます。切開しないため身体に傷がつかず、負担の少ない施術として人気があります。

■鼻の整形
身体の中心部にあたるパーツとして、鼻は非常に目立つ存在です。鼻の形がいびつであれば、それ以外のパーツが整っていても不格好に見えてしまうほど。
そのため、鼻もまぶたと同様、需要が高い施術箇所として挙げられることが多いです。
鼻の美容整形では、解決したい問題によって取る手法が異なります。
例えば団子鼻を解消したいという場合、団子鼻の原因となっている発達した軟骨や分厚い皮下脂肪などの切除手術が適切な手法です。余計な部分を取り除くことで、半永久的に団子鼻の解消効果が持続します。
また、鼻が低いことを気にしている人には、逆に鼻の内側に人口軟骨を設置する手法が適切となります。

どちらも切開を要する施術となり、少なからず傷跡が残ってしまいます。傷跡をできるだけ目立たせないようにするのが、執刀医の腕の見せどころです。腕の良い執刀医がいる美容外科を選びましょう。美容外科は人口が集中する都会部に多いため、関東であれば東京都や神奈川県、千葉県などがオススメです。東京都、神奈川県、千葉県などのエリアであれば、評判の高い、信頼できる美容外科を探しやすいはずです。